攻撃判定と食らい判定

攻撃判定・・・攻撃の当たる範囲のこと。この範囲に相手がいると攻撃が当たる。(ゲーム中には表示されないが、説明のときには赤い枠で表すことが多い。)

食らい判定・・攻撃を食らう範囲のこと。(ゲーム中には表示されないが、説明のときには青い枠で表すことが多い。)体格の大きいキャラは横幅が大きく、背の高いキャラは縦が長いといったようにキャラによって差がある。

また、攻撃をするときに攻撃判定と一緒に食らい判定が出てくる場合がある(本体とは別に)。例えば、パンチをしたときは、腕を伸ばすから腕の部分に食らい判定が出てくる。食らい判定は、絵が無いところにあったり、棒とかの武器にもついてくるときもある(「腕の部分に食らい判定がない。」ということもある)。

 

食らい判定にくらべて攻撃判定のほうがかなり大きかったり、食らい判定が攻撃判定の内側にある技は判定が強という。判定が強いと相手の攻撃をつぶしやすい。「つぶす」とは、攻撃を食らわずに一方的にダメージを与えることである。

中には食らい判定が存在しない技もある。そのような技は無敵技と呼ばれる。文字通り相手の攻撃をまったく食らわない技のことである。一見、反則並みに強いと思えるかもしれないが、このような技は大抵隙が大きいので、ガードされたりするとボコボコにされてしまう可能性が高いのである。だが、使いどころを間違えなければ非常に強力な技であることには間違いない。

前述した技は完全無敵技とも呼ばれる。なぜ、”完全”をつけるかというと、一部分が無敵状態になる技もあるから、その区別をしやすくするためである。
一部分が無敵状態になる技 とは、例えば・・・足元が無敵、下段攻撃に強い。
                          上半身無敵、空中からの攻撃に強い。
                          投げ無敵、投げ技(相手をつかむ技)を一切食らわない。

 

タダで遊べる無料格闘ゲーム紹介・攻略へ戻る 格闘ゲーム講座へ戻る

 

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット