格闘ゲームとは
一言で言うと、一瞬で的確な行動・攻撃を出して、相手を倒そうとするゲームである。それ以外にも駆け引きというものがないと格闘ゲームとは言わない。(駆け引きについてはのちほど書く。)ここでいう格闘ゲームは、正式には対戦格闘ゲームと呼ぶ。駆け引きがないものでも一応格闘ゲームと呼ぶが、ふつうは格闘ゲームというと、対戦格闘ゲームのことを言う。(有名なものはSTREET FIGTER、THE KING OF FIGHTERS、GuiltyGear、サムライスピリッツなどである)

話を戻そう。的確な行動・攻撃というのは、様様なものがあるので、場合によって変えなければいけない。たしかに、的確な行動や攻撃をするのは難しい。それは大きくわけると下記のような二つになる。

的確な行動・攻撃をするには
 1.法則にのっとってやる。(例:ゲーム開始時は牽制がよい)(20%)
 2.相手の癖を見抜く。(例:ジャンプしてくると必ず攻撃する。)(30%)
 3.連続技(コンボ)を確実にできるように練習する。(連続技については後述する)(50%)
上の3つの文を実行する割合はだいたいこれくらいだろう。

そう考えると意外と簡単そうに思える。
しかし、何度も同じような行動をすると、相手に読まれてしまったり、
なかなか1を実行できなかったり、するだろう。
最大の問題は一瞬で何をするべきかを判断しなくてはならないことである
そのため、ちょっとしたミスでボコボコにされたりすることもある。

あまり慣れていない人の場合、とりあえずキーやボタンを連打したりするが、それでは限界がある。格闘ゲームはけっしてめちゃくちゃな動きをするゲームではない。きちんとした行動をしているのである。ただ、その動きが速いため、「ごちゃごちゃやっている」みたいな感じがするのである。

コマンド入力の難しさ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
格闘ゲーム(略して格ゲー)をやる場合一番大変なのが、 コマンドを入力すること(必殺技などを出すために一定のキーやボタンを押すこと)である!

最初は必殺技が出せなくてもいいので、ゆっくりとやったほうがよい。そして、慣れてきたら速く入力する。(いきなり速くやろうとすると変なくせがつきやすいので。)ゲームスピードが変えられるゲームなら、最初は遅めに設定し見ると良いだろう。コマンド入力はゲームスピードが遅いほど入力しやすい。(少し遅めに入力しても認識されるから)

格ゲーに慣れていない人はゲームセンターでやらずに、PCや家庭用のゲーム機でやったほうがよい。
(ゲームセンターはCPUの思考能力が少し強めに作られているので、初心者にはきつい。それにお金もかかる。)

このコマンドを入力するのが難しい(慣れるまで時間がかかる)ため、途中で格闘ゲームを止めてしまう場合が多い。たしかに、格闘ゲームは他のゲームと違い、最低限必要なこと(コマンド入力ができること)ができるまでかなりの努力と時間がかかる。(コマンドはきちんと入力ができるようになるまで1ヶ月ぐらいかかると言われている。)

自転車に乗れる人は数多いだろう。だが、乗れるまでかなりの努力と時間を費やしたのではないだろうか。その代わりに、歩くのより早く移動できる手段を手に入れたのである。格闘ゲームでも同じようなことが言える。他のゲームよりも慣れるまで時間がかかるが、その分達成感も大きい。もう一度自転車の練習をする気分で格闘ゲームをやってみてもいいかもしれない。

 

格ゲーにはいくつか種類があるので、自分の好きなものをやるとよい。
1.読みあい重視(駆け引きが多いので、上手く技を出されるとやられるほうも攻撃するほうも気分がよい。{やられたー!って感じがするので。私だけかもしれないが...})
2.コンボ重視(コンボ(連続技とも言う)が比較的簡単で長く続く。なので、気を抜くとライフが半分ぐらい減ることも)

 

なんとなく、格闘ゲームは難しいとか、マニアがやるゲームのイメージがある、全然そんなことはないし、慣れればそれほど難しく感じない(やってる人がマニアっぽいかもしれないが)。むしろ、少しでも興味を持ったならば、そういう先入観は捨ててとりあえず格闘ゲームをやってみてほしい。やってみて損はないと思う。

いきなり、買え!とは言わない。無料の格闘ゲームでも充分遊べる。だが、家庭用ゲーム機のはプロの方が大人数(おとな数ではない)で製作しているので、パソコンの無料の格闘ゲームよりも洗練されているだろう。(そうとは限らない場合もあるが...)無料のモノでは物足りなくなったら、そっちの方をやってもよいだろう。

格闘ゲームの面白さはテンポの速さであろう。一本勝負なら、まじめにやっていれば2分以内には勝負がつく。(上級者は除く)私なんか、全体的にスピードが遅い格闘ゲームはやらないほどである。

ちなみに、連続技とは攻撃と攻撃の合間をなくして、相手が攻撃を食らって動けない状態に何発か技を入れること。

   駆け引きとは

たとえば、

・この状況だと離れたほうがよいか、近づいたほうがよいか

・相手がこの技を出してきたら、こっちは対抗してあの技を使う。そうすると相手は次から警戒して、こっちのだした技に対抗できる技を使う

・隙の大きい技をいかにして当てるか

・中段、下段、投げのどれを使うか、また、中段ガードするか、下段ガードするか、投げを使われないように間合いを離すか

だいたいこんな感じ。ほかにも色々あるだろう。駆け引きがほとんどないゲーム(格闘ゲームっぽいアクションゲームのこと)だと、中段、下段技が乏しく、無敵技とか使いづらい技がない。たぶん。

駆け引きの幅が広いとそれだけ対戦も熱くなれる!駆け引きの幅がが広いかどうかはゲームをやってみればわかるはず。


タダで遊べるPC格闘ゲーム攻略・紹介のトップへ

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット